茶筒の素材

今現在、私は紅茶の茶葉の保存は買ったときの缶をそのまま使ってます

これもなかなか格好いいんですが…でもそろそろちゃんとした中蓋のある茶筒に入れよう!と思い、そもそも茶筒ってどんな素材の種類があってどれがいいの?と疑問に思い調べてみました



茶筒の素材一覧

茶筒に使われている主な素材は以下の通り

・ブリキ素材
・銅(どう)製
・錫(スズ)製
・ステンレス素材
・スチール
・真鍮
・プラスチック
・木製
・木製で漆塗り
・ガラス製
・陶器製

茶筒の素材それぞれの特徴

ブリキ製

茶筒では一般的な素材。日光を遮断してくれる。800円~2000円程

銅製・純銅製

高い茶筒でよく使われてる素材。渋い見た目が魅力。抗菌作用がある。経年変化でくすみ、黒ずんでくるがこれを「育つ」と称して好む人も多い。4000円前後~20000円程

銅製の茶筒で一番有名でブランド力がある
「京都・開化堂」

そのほかには
「東屋」(あずまや)

「新光堂」

「玉川堂(ぎょくせんどう)」など。

外側が銅製でも内側は違う素材という場合も結構あり、例えば京都・開化堂は外側が銅製ですが内側はブリキ製。とはいえ同じ金属製なので異素材感はなく、デザインのおかしさを感じることもないです。もちろん実用性上の問題もありません。

玉川堂は一枚の銅の板を叩いて叩いて形成する唯一無二の製法なので内側も外側も純銅のはず。

ステンレス製

金属製の中では一番錆びにくい。シルバー系の色が主体。ステンレス製だけど純銅のような槌目模様がついたものがあってなかなか格好いい。それでいて銅の半額以下なのも魅力。2,000円~4000円くらい

だいたい新潟の燕市、三条市で作られてそう

錫製

スズ。有名なのは薩摩錫器や大阪錫器など。たぶん茶筒の中で一番高い。開化堂の茶筒が1.5万円前後なのに対して、錫器は2万~5万円ほど。

物産展で触れてみた事がありますが、ずっしり重量感があります。スーッと蓋が閉まり、これはよくできた茶筒でも同様ですがそれ以上に精巧にできてる印象です。肉厚なぶんその他の茶筒より歪みなども生じにくそう。

薩摩藩出身の大久保利通が所有していた錫製の茶壺が没後100年ほど経って発見された時、中に入っていた茶葉の香りがまったく損なわれていなかった…なんて逸話もあります。

見た目は銅製以上に渋く、新品でもやや骨董品なような印象をうけるかも。かなりのマニア向き。なお煎茶道では錫製の茶壺が最上品とされているそうです(wiki調べ)

薩摩錫器では色がついたおしゃれなものもあります

木製

樺細工、桜皮をつかった茶筒、漆塗りの茶筒など。これも内側がブリキだったりプラスチックだったりするものもあるので注意(見た目の問題であって実用性上の問題はない)

値段は素材によりけりだけどちゃんと木を使ってるものは7,000円~12000円くらいが多い


これは「中も外」も「茶さじ」も木製です

ガラス製

ガラス用の茶筒はほぼなくて、ガラス製の小物入れを茶筒として代用するという方法。ニトリに安いやつがたくさんあります。

メリットは中が見えてスタイリッシュなこと、かつ何の茶葉を入れてるのか外から見てわかること。同じサイズの瓶にそれぞれいろいろな茶葉を入れて積み上げたり並べたりするのは結構かっこいい。

デメリットは茶葉は遮光された状態で保存するのが望ましいので茶葉の劣化は早く進みそう。私は過去にニトリのガラス製容器で茶葉各種を保存してましたがやはり内蓋のある普通の茶筒に比べて香りが飛びやすかったです。

プラスチック製

軽い。一般的な素材。木製を模したものや漆塗りを模したものが2000円以下くらいで売っており、メーカーのがんばりは伝わってきます。

陶器製

あまり一般的ではないですが、陶器製もあります。白磁のものなんかはモダンで格好いい。ただパッキンや内蓋がついてないと湿気りそう茶葉の保存は昔は陶器製の茶壺でされていて、時代が進んでより運搬しやすく、密封性の良い金属製が一般的になったそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする