ユニクロ 3,000円の白デニムと3万円の白デニムを買って比較

[ユニクロ] ブログ村キーワード

白パンツ(白デニム)ってそれ履いてるだけでなんとなくおしゃれで垢抜けた雰囲気出せるじゃないですか。トップスが適当でも白パンツ履いてればとりあえずセーフ、みたいな。
なのでけっこう好きなんですが・・・

いろいろな白デニム
(検証にハマって買いすぎた白パンツ達)

以前から
ユニクロのお手頃価格のデニムと高級デニムって違いがあるのか?
を検証したくてですね・・・今回両方手に入れてついに検証することができました。

3,000円と3万円デニムの比較

比較するのはユニクロの白デニム メンズ
定価3,000~4000円くらい
モデル名:ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(たぶん)

 ユニクロの白デニム画像  

と、

JOSEPH HOMME(ジョゼフオム)というブランドの白デニム。こちらも当然メンズ。
定価税込みで30,000円くらい

ジョゼフオムの白デニム画像

JOSEPH HOMME
セルヴィッチストレッチ デニム パンツ

定価の価格差、実に10倍・・!

JOSEPH HOMMEというブランド

ジョゼフオムはあんまり有名ではないけど個人的にけっこう好きなブランドで、シンプルながらもキレイなシルエットが特徴です。メーカーはオンワード樫山。その神通力のおかげか百貨店のメンズコーナーにけっこう入ってます。

USEDという条件は揃えた

けっこう使ったユニクロと10倍の値段するジョゼフオムの新品を比較するのはさすがにアンフェアなので、USEDという条件だけでも揃えるべく、ジョゼフオムの白デニムは今回ヤフオクで古着を購入。

なので数年前の商品と思われ、厳密にはジョセフオムのリンク先のパンツと細かなディティールの違いはあるかもしれません。

素材感比較

服の製造コストの中でけっこうな割合を占めてそうな「生地」。
でも白デニムって色合い的に生地の素材感は感じずらく、3,000円のユニクロも3万円のJOSEPH HOMMEのデニムも素材感・風合いに大差なし。生地の厚さも同じくらい。

こっちがたしかユニクロの生地接写(自然光の下で撮影)

たぶんUNIQLOの白パンツ

で、こっち↓がjoseph hommenの生地接写

多分joseph hommeの白パンツ

同じ画像じゃないですよ! 笑

正直撮影した後私もどっちがどっちだかあやふやになりかけたんですが、まぁつまり生地感は同じようなもんと言えます。

色合い

白の色合いはユニクロの方がブリーチしたような真っ白でこっちの方が好み。

でもこれは文字通りユニクロの白デニムを私がいままでけっこうな回数漂白してきたからだと思われます。(シミ落としとかのために)

シルエット

素材感がわかりにくシルエットがハッキリ出る白デニムは「シルエットで勝負!」になる服。で、そのシルエットですが・・・

どちらのシルエットもほぼ同じだった。

(履いた写真はいつかアップする予定)

細かい寸法をみるとそれなりに差があり、
股上はユニクロは24cm、ジョゼフオムが22cm、太ももの幅はユニクロの方が+2cmくらい余裕があります。

でも履いてみるとやっぱりシルエットにほぼ違いがない。逆に言えば多少ゆとりがあるのにジョゼフと同一のシルエットが出せるユニクロの方が一枚上手感すらある。

総評

3,000円のユニクロ白デニムと3万円の白デニムはほぼ同じ。

なのでユニクロの白デニムは「買い」なおすすめアイテム
というのが私の結論です。

現在確認したところユニクロのメンズ白デニムには

・ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(今回比較したやつ)

・ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ(もっと細いやつ)

の2種類があります。
好みでシルエットのパターンが選べるのもありがたい。

ちなみにユニクロの普通のジーンズも以前持ってましたが、そっちは1本1.5万円くらいのデニムと比べると明らかにシルエットも素材感もダサかったです。なのでユニクロなら何でも買いかというとそうではないと個人的には思ってます。

ユニクロのカラーパンツ、カラーチノあたりは色合いとシルエットが気に入れば買いなアイテムかと思います。(安っぽい色合いのものもあるのでそのへんは買うときに要注意)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする