オフィスチェアに座布団使ったら坐骨神経痛になった

[坐骨神経痛] ブログ村キーワード

オフィスチェアに座布団を使ってはいけない

最近とつぜん「坐骨神経痛」っぽい症状に悩まされる事になりましてね・・。具体的な症状としては

右足の「太もも裏側からふくらはぎ裏側にかけて、一直線上にしびれる」

というもの。この症状が不快!かなり不快!!
歩いてる時は感じないけど、座っている時&ベッドで横になって寝る時はもず~っと痺れてんですよ。リラックスして寝られないったらありゃしない。

長時間座る人は坐骨神経痛を発症しやすい

坐骨神経痛は長時間座ることが多い人に発症しやすいと言われています。私もどちらかというと長時間座る方です。

でも!
そういう事にならないように家じゃ高機能なオフィスチェア(オカムラのバロンチェア)つかってるんだけど!?それでもだめなの・・・?
と落ち込んだりもしましたが・・

結論から言うとバロンチェアに座布団しいて使ってたのが原因ぽかったです。これはホント予想外だった。
以下、坐骨神経痛のような症状を発症して、それがほぼ治るまでの流れです。

坐骨神経痛を発症して、それがほぼ治るまで

バロンチェアに座布団を使う

そもそもバロンチェアに座布団を使い始めたのは

・バロンチェアの座面がへたってきた

・座面部分の枠(フレーム)と座面の間にあるスポンジが取れてしまって、フレームのゴツゴツした感じが直接太ももに当たるようになったから

からです。
ちなみに座面はメッシュタイプ。

バロンチェアの座面

で、座布団を敷いて2週間ぐらい使ったら坐骨神経痛のような症状が出ました

偶然、座布団使うのやめたら症状が収まった

その後「夏なのでやっぱり座布団は暑いわ」と、結局座布団を取る。(おい)

それから3~4日後。悩まされてた坐骨神経痛っぽい症状がかなり和らぐ。

検証のためにもういちど座布団を使う

で、「もしや座布団が原因だったのか!?」と思い、検証のためにもう一度と座布団を敷いてバロンチェを使う。

結果
→無事、坐骨神経痛っぽい症状が再発

とうことで座布団が原因と判明

どんな座布団使ったか

私が使ったのは安い座布団じゃなくてそれなりに高機能でいい値段するやつ。4000円くらいの。本来車のシートクッションとして使う人が多いタイプのものです。

もしかしたら「高機能チェア」×「高機能座布団」の組み合わせの相性って悪いのかも。

やっぱり高機能チェアはそのまま使うのが一番のようです

振り返っての感想

坐骨神経痛に悩んで整体行ったり、鍼灸したり、無駄なストレッチに時間をかけたり・・・となる前にこの「座布団が原因」ということに気付けてよかったです。

座布団使うのやめるだけですからね。手軽でお金もかからない。対処療法じゃなくてある意味、根本治療ですし。

現在、この坐骨神経痛の症状が完全におさまったかというと残念ながらそうではなくて、まだ微妙にしびれは残ってます。でもこのまま座布団やめて3週間もすれば完治するんじゃないかと思います。

最後に、同じような症状で悩まされる方に一人でも多くこの文章が届くことを願います・・。正直この記事だけはバズってほしい。

バロンチェアはもうガタがきてるので(10年使った)新しいオフィスチェアを早めに探します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする