ウール カシミア 暖かさの比較

ウール カシミア 暖かさ

ウールとカシミアってどっちが暖かいの?
と疑問に感じて調べてみたら・・・

一応カシミヤの方が繊維が細くて空気をたくさん含めるから暖かいって事になってるみたい。

でも実験して比較したデータみたいのは無いんですよね。
「カシミヤの方がウールより○○%暖かい」
みたいな。

まぁ最終的は自分の感覚を信じるほかない、
ということでちょうど夜の冷え込みが厳しくなってきた昨今、
手持ちのウールニットとカシミアセーターをそれぞれ1時間おきに着てみて体感での暖かさを比較してみました。



ウールとカシミア 実際に比較してみた

比較したのは

ウール100%
ミドルゲージくらいの
トゥモローランドのニット
(値段は約1.7万円)

トゥモローランド セーター

ユニクロの定番商品
カシミア100%のセーター
(値段は約1万円)

ユニクロ カシミアニット

ファイ!!

結果

で、サクッと結果にいきますが
部屋着として着てみた結果
カシミアの方が若干暖かかったです。

ウール カシミア 暖かさ

「かさ高」も「重量」も左のウールのニットのほうが上(ふくらみが大きく、重い)
のでウールのほうが暖かいと思ったんですが・・・やりますねぇユニクロのカシミア。

ユニクロカシミアニット、着ぶくれせず暖かいので秋冬の部屋着としても良さそうです。

カシミアを部屋着にしちゃもったいない?
いえいえ、高くていいものほどたくさん着ないともったいない(*゚∀゚)

・・・って最近思うようになりました。
今回比較した2つだとカシミアよりウールのニットの方が高かったんだけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする