ポリウレタンボンディング

[トレンチコート] ブログ村キーワード

トレンチコート

ポリウレタンボンディング加工されたトレンチコートを持ってるんですが、取扱に注意が必要だと最近知ったのでその注意点についてしらべたまとめです。

クリーニングしてはいけない

ポリウレタンボンディングの服はクリーニングに出すと急速に劣化するようです。生地が水ぶくれのようになったりとか、固くなったりとか。。

水洗いもいけない

ポリウレタンボンディングは水に弱いので水洗いもだめだそうです。

・・・って不便すぎぃ!
どうやってキレイにしたらいいんだw

高温のアイロンをかけてはいけない

ポリウレタンボンディングは高温も苦手なので高温のアイロンもだめ。高温のスチームアイロンなんてもっとだめ。タンブラー乾燥もだめ。

ドライの低温アイロンならセーフ・・?

3年くらいで寿命がくる

これは注意点というか避けられない運命みたいなんですが、ポリウレタンは時間が経つと加水分解するので自然劣化は防げない模様。

寿命は一般的に3年くらい。
もって5~8年ほどらしい。

雨を避けたほうがいい

湿気に弱いので雨天の着用は避けたほうがいいこと。

って私の持ってるのはトレンチコートで、トレンチコートって雨の日こそ着たいんですがね・・

オフシーズンは除湿剤を入れて保管する

高温・多湿な日本の気候自体がポリウレタンボンディング加工を劣化させる大きな原因の一つのようです。

高温はしょうがないとしても湿気はなんとかできそう。

オフシーズン中はボンディング加工のトレンチコートをゴミ袋に入れて、その中に除湿剤入れて、口を縛って保管するこ

とで保管中の湿気を低く抑えられそうだな・・・

と思いついたのでこれからそういうふうに保管する予定

ポリウレタンボンディングでもガンガン使いたい!

そうはいっても洋服なんて着てナンボですから、私の持ってるボンディング加工のトレンチコート、ガンガン着てみてどれくらいで劣化がくるのか試してみます。雨の日だって着てやるからな。

参考サイト

このサイトはボンディング加工の劣化について詳しく書かれていて参考になりました↓

ボンディング製品の日本固有の気候風土による経時劣化

その他のボンディング加工について書かれているサイトも上記サイトの内容を参考にしているのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする