ラノリンの臭い

[ラノリンクリーム] ブログ村キーワード

ラノリンオイル

この記事で紹介したラノリンですが・・・
→「ラノリン買いました」

ラノリンを買う前に気になったことと言えば
「ニオイが獣臭い!」
という口コミがけっこうあったという事。

で実際はどうか?というと
獣くささはあまり感じませんでした。

そんなに臭くない

臭いはするんですが「獣クサっ!」となるほどではないです。
どちらかというと機械油っぽいかな、と感じました。

でも正真正銘、羊から抽出したラノリンオイル100%ですから、これが獣の臭い、というか羊の脂の臭いなんですね。

ただ臭いが薄まると
「あ~・・・羊かも?」と感じます
(↑使った人にしかわからないであろう例えw)

クリームタイプのラノリンが臭いのかも

で、思い出したんですがそういえば
臭いという口コミが多かったのはこっちのクリーム(半固形系)タイプのラノリンでした


ラノリン クリーム

私が買ったのこっちの液体タイプのラノリンオイル

液体タイプのほうが純度が高いのか、あるいは精製のときにうまく獣臭さの成分を取り除いてるのかわかりませんが

「くっさ!無理!」
って思うほどの強い臭いはないです。
だからもし買うなら液体タイプの方がいいと思います。

とはいえ、繰り返しますが無臭ではなく多少臭いはします。これをリップにつけるとなると最初はちょっと勇気がいるかな。
まぁでもやれといわれたらできるし1週間くらいで慣れそうなレベルです。

ラノリンのテクスチャー

ラノリンテクスチャー(質感)ですが、
粘度かなり高めです!
おめぇ水飴かよって突っ込んだくらい。
(しかもそろそろ固まりだしたなって時くらいの水飴)

つまりべっとりしてます。
でもこのべっとり感で
「こりゃ保湿力たかいだろうな」
と感じます。

ちなみに私はスキンケア目的でラノリンを買ったのではなく、
ウール&カシミアの家庭洗濯に添加する目的でラノリンで購入しました。

ラノリンって脂なのに水に溶けるんです。もちろん洗濯に使う水にも溶けます。不思議~!
洗濯にも使えてスキンケアにも使えるというおかしな汎用性の高さも魅力ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする