旅行用に買ったコーチのボストンバッグの感想

[コーチのバッグ] ブログ村キーワード

旅行用に買ったコーチの黒色ボストンバッグのレビュー。使用者の私はメンズです。

バッグはメンズ品というよりユニセックス品なのでレディースも対応してますが・・・サイズがでかいのでやっぱり男性向きかも。

買ったのはこれ

COACH ボストンバッグ

底面55cm×22cm 
高さ25cm
ほどの大きなサイズのボストンバッグ

重量は1.6kgほど
コーチのアウトレット品です
3~4泊のぶんの荷物が入ります!

ボストンバッグの素材

外側の生地素材はキャンバス地(?)というのか、やわらかさのある布製です。綿+ナイロンorポリエステルの合成繊維かな??

コーチ ボストンバッグの生地

生地の柄は主張しすぎないシグネーチャー柄(コーチのブランドロゴ)です。なかなかカッコイイぞ。

布製なので耐久性ではコーチやヴィトンの合皮素材(塩ビPVC素材)に劣ります。が、軽さはこちらのほうが軽いのがメリット。ちなみに水をたらしてみたら普通にそのまま染み込んだので撥水機能はなし(笑)なので旅行に行く前に防水スプレーをかけてます。

防水スプレーは防水だけじゃなくて汚れがつくのを防ぐ効果もあります。なのでこういう布製素材のバッグに旅行前にかけておくの、おすすめです

アメダス 防水スプレー 420ml
COLUMBUS コロンブス

裏地はナイロン。紺色と青の中間色くらいで品があって、発色もキレイ。

コーチ ボストンバッグの裏地

外側の黒との対比がイイね!

レザー部分

力の加わりやすい取っ手や底面の角などはレザー素材になってます。

取っ手

持ち手はけっこう簡素なつくり。

各種縫い目は太い糸でしっかり縫い付けてあります。整然と並んだステッチがキレイ。

コーチのバッグのレザー部分

レザーのコバ(フチ)の処理もなめらかです

coachのレザーのコバ

その他ディティール

サイズ調整しやすい肩掛けヒモ

特に気に入っている部分は、肩掛けのヒモの表面がビミョーに起毛していて、サイズ調整がめちゃめちゃスムーズにできる点。スルスル調整できる。でもズレたりしない。やるじゃんコーチ。

写真からじゃ伝わらないかもしれないですけど、スルスルした滑らかな生地です。

レザーのファスナーの持ち手

ファスナーの持ち手がレザーなのも気に入ってる部分。肌触りが優しい。金属じゃないのでヒヤッしたりアツアツになったりしないのがグッド

あとファスナーの持ち手の部分は金属疲労で折れやすいのでレザーの方がいい気がします。

金属部分は太くてしっかりしてる。

コーデ例?

スーツの生地と合わせてみた例。(バッグの右側にスーツのパンツをかけてあります)

暗くてぜんぜんわからないと思いますがスーツの光沢とコーチのバッグの生地の光沢が近くてけっこうなじみます。
=フォーマルなスタイルにも対応できそう。

メンテナンス

布製の生地なので、レザーや合皮にくらべるとホコリはつきやすいです。でも洋服ブラシでさっと撫でれば一瞬で綺麗になります。なのでメンテとしては使う前にブラシで撫でるくらいですね。

普段洋服に使っているブラシをバッグに使うのは気分的になんかイヤだったので、私はバッグ用にブラシの安いやつをもう一本買いました。安いやつでも十分キレイにります(ただしたまに抜け毛する)

実際に旅行に持っていってみて・・

2017年12月時点でまだ一回しか旅行に持って行ってないのですが、軽いし使い勝手も申し分ない!かっこいいいいし。

あえて不便な点を挙げるなら外側にポケットがついてないこと。他のブランドもののバッグでも大抵そうだと思います。たぶんデザイン重視のため。これは買う前から承知していたのでいいんですけどね。

以後、壊れたりしたらまたレビューします。壊れなくて5年、10年壊れずに持ったらそれもまたレビューする予定です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする