三陽商会は倒産する?

company

※2017年8月31日追記

こんな本みつけました

アパレル業界凋落の現状について書かれた本。

本の中で三陽商会が名指しで登場してる模様。

その他に登場する企業名としてオンワード/ワールド/TSI/三陽商会/ファーストリテイリング(ユニクロ)/GAP/H&M/三越伊勢丹/大丸松坂屋/高島屋/そごう・西武 など

追記おわり


バーバリーというブランドを失った三陽商会が赤字で経営危機に直面しています。

2016年9月末時点で83億円の赤字。

冬は稼ぎどきだからちょっと持ち直して(赤字が減って)12月末時点では最終的に68億円の赤字に落ち着くと見込んでいるようです。

でも・・少なくともあと2年は倒産しないと思います。なぜなら三陽商会には今までに稼いだ貯金があるから。

※追記
2017年2月14日のバレンタインに
三陽商会が衝撃的な決算を発表しました

2016年度は約113億の赤字だそうです。
バレンタインデーだっつうのに
とんでもないホロ苦な決算だよ。

赤字68億だって予想してたのに、
113億の赤字。
赤字が2倍近いです。

三陽商会の状況

三陽商会の決算短信を見てみると、2016年(平成28年)末時点で現金の蓄えが184億円あります。

その後発表した2016年度の決算では113億の赤字でした。

単純に計算するとあと1年は大丈夫だけど2年はもたない計算です。

ただ2割の社員を削減したとのことなので2017年以降は固定費も減るでしょうね。

しかし借金(長期借入金)が78億あります。

これを差し引いてみるとまだなんとか倒産しないと言えるのは2年後までかなー、という印象。

実際のところは、このまま業績不振がつづいたとしても倒産ではなくどこかに買収って形になるんじゃないでしょうか。イトキンみたく。

建てたばかりの自社ビル、資金難ですぐ売るとかにならなきゃいいんですけどね。

三陽商会が買収された場合、
買収した企業がアネックスビルに
我が物顔で引越ししてくるとかはありえるかもしれません。

三陽商会社員のおかれている情況

中の人にとっては
倒産は最悪のシナリオで(失職するので)
倒産せず買収されればマシな方ですけど
普通に考えて買収されたら
従業員のかなりの割合がリストラされます。
(それが買収の条件になるはず)

で、リストラを免れたとしても
給与カットなどの待遇悪化は避けらないんじゃないでしょうか。
中で働いている方も
なかなか厳しい情況におかれていると思います。

「すぐに会社の収益を改善させる」
って言ったら
従業員を減らすか?
給与を下げるか?
のふたつにひとつ(あるいはその両方)だからです。

奇跡的に買収されず、自力でやっていけそう
という目処がたったとしても
ユニクロのヒートテック並の
ウルトラメガヒットでもでないかぎり
じわじわ業績回復していくしかない。

だからから大幅な待遇アップも
まず考えられないんじゃないかと思います。

中の人はコレを機に
転職を考えてみるのもいい機会かもしれません


ファッション・アパレル業界の転職ならCREDNCE(クリーデンス)

いまどきはこういうアパレル専用の転職サイトもありますよ?( ̄▽ ̄)v

会社員のメリットのひとつは
会社と運命を共にしなくていい身軽さです。
(経営者はそうはいかないけど、それとひきかえに業績がいいときの報酬は青天井)

しかし三陽商会がもし倒産したら
手厚いアフターサポートを期待して
100年コート買った人は・・・どうなるんや。。

[三陽商会] ブログ村キーワード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする