電動歯ブラシ おすすめ

[電動歯ブラシ] ブログ村キーワード

電動歯ブラシをこれに買い替えました

EW-DL43-P

パナソニックのドルツ
EW-DL43-P

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ ピンク EW-DL43-P
パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ ピンク EW-DL43-P
【Amazon】

>>楽天市場で価格を見る<<

>>ヤフーショッピングで価格を見る<<

ちなみに買い替える前に使っていたのもドルツ。
買い替えのときには

ブラウンのオーラルB
フィリップスのソニッケアー

も当然検討したのですが、いろんな理由でこのドルツに落ち着きました。
で、これ、実際使ってみましたが歯垢もしっかり落ちます。おすすめです。

以下、EW-DL43-Pのレビュー評価と
どういう理由でこれがおすすめなのかを書いていきます。

ドルツ EW-DL43-P 評価

ドルツ 比較

4年くらい前に買ったドルツのエントリーモデル(左)より明らかに細かく振動してます。

以前買ったドルツ
→歯ブラシ全体がディーゼルエンジンのようにブルブル震える感じw

今回買ったドルツEW-DL43-P
→さきっぽが超高速振動してる感じ

振動が繊細なので歯茎に優しいです。

新ドルツを使ってみた後に、磨き残しがあれば赤く染まる薬液を歯に使ってみると・・・磨き残しは全く無い!
舌さわってみてると歯はつるつる。

ということで基本性能は高いです。

電動歯ブラシがすべきことは
「歯垢をしっかり落とす」こと。

驚くような機能がついてなくとも
「歯垢がちゃんと落ちた」ので合格(・∀・)b

ドルツがおすすめの2つの理由

替え歯ブラシが安いからおすすめ

ドルツ ステインオフ

ブラウンのオーラルB
フィリップスのソニッケアー
は、買え歯ブラシが高いっす。
一本700円~1,000円くらい。

対してドルツは1本あたり
150円~450円くらい。
ドルツはランニングコストが安いです。
これがドルツをおすすめする理由その1。

※ちなみにブラシの交換目安頻度は3ヶ月に一度

ドルツは壊れないからおすすめ

オーラルB、ソニッケアーは
「1年で故障した」「2年で故障した」というような口コミ評価がたくさんではないですがいくつかあります。

対してドルツは今まで使ってきましたが・・・
4年ほど経っても故障は一切ありませんでした。

この信頼性の高さがおすすめの理由その2です。
ドルツの本体は信頼の日本製( ̄▽ ̄)v

※ちなみに今回電動歯ブラシを買い換えたのは旧ドルツが壊れたからではなく、最新の電動歯ブラシを試したくなったから

ドルツの種類比較

ドルツのラインナップは大きくわけて2つ。

まず高価格帯のEW-DE系を紹介します
全4種類です

EW-DE55
最新&最上級モデル
色は白・黒の2色

EW-DE54
上で紹介したEW-DE55の一世代前のモデル。型落ちなのでそのぶんちょっと安い
付属歯ブラシの1種類が違うだけなので大きな違いはなし。
色は白・黒の2色。
型落ちのためこれはそのうち買えなくなります。現品限り

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DE54-W
パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DE54-W

EW-DE45
ステインオフ(歯の着色汚れ落とし)機能&ブラシがついたモデル。
色はピンクのみ。

EW-DE25
上位機種の中では一番シンプルな機能のモデル。そのぶん値段が安いです。
歯ブラシは1種類のみ。機能は振動のノーマル・ソフトの2種類のみ。
色は白のみ。

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DE25-W
パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DE25-W


次に中価格帯の「EW-DL系・EW-DM系」の紹介です
こちらも全4種類

EW-DL53
歯茎ケアモード(GUMCARE)があります。
色は青のみ。

EW-DL43
ステインオフ(歯の着色汚れ落とし)機能&ブラシがついたモデル。
色はピンクのみ。私が買ったやつです。

EW-DL23
シンプル&ベーシックなモデル。
歯ブラシは1種類のみ。機能は振動のノーマル・ソフトの2種類のみ。
色はシルバーとピンクの2種類。

パナソニック 音波振動歯ブラシ ドルツ  EW-DL23-S

EW-DM61
他の中価格帯のものよりスリムで軽量なモデル。
子どもにも良さそうです。しかも安い!
ただしフル充電から連続仕様できる時間30分です。(他の中価格帯のモデルは60分)
色は白と水色の2種類。

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 青 EW-DM61-A
パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 青 EW-DM61-A

ドルツの高価格帯機種と中価格帯機種の違い

ドルツは高価格帯のモデルでも中価格帯のモデルでも
歯ブラシの振動数はどちらも毎分約31,000回で同じです。

なので基本性能(歯垢を落とす能力)は同じ
と考えてよさそうです。

じゃあ高価格帯は何が違うか?というと


・本体も充電器がよりスタイリッシュ!

・充電は「本体が充電器から浮いている」ような感じなので充電器の汚れを拭き取りやすい。

・充電が早い!2分の充電で2分間使える。フル充電まで1時間
(中価格帯はフル充電まで17時間

・携帯ケース付き

・イオン歯ブラシヘッドを採用


という違いがあります。

イオン歯ブラシかどうかはあまり気にする必要はないとおもいます。(普通の歯ブラシでも歯垢はしっかり落ちるため)

電動歯ブラシを持ち運ぶ事が多い方は高価格帯モデルのほうがおすすめです。充電が早くて携帯ケースもついてきますからね。

でも私が買ったのは中価格帯のモデルです。その理由は

  • 持ち運ぶ事がほとんどないので携帯ケースも急速充電機能もなくて困らない

  • 電動歯ブラシはまだまだ進化途中のジャンルなので、4~5年おきに買い換えて最新モデルにしたほうがよりライフスタイルが上質になる。

という考えからです。
4~5年で買い替えても抵抗のない価格が私にとっては中価格帯でした。(収入的にw)

もちろん高価格帯を4~5年で買い替えても抵抗がない、という方は高価格帯でいいと思います。

EW-DE45-Pにした理由

次にドルツの中価格帯の中でもなぜこれ(EW-DL43-P)にしたかというと・・

ドルツ

ステインオフの機能&ブラシが付いているからです。

 

ステインオフとはコーヒーや紅茶などの着色汚れを落とすこと。
私、コーヒー紅茶毎日飲むので・・w

ステインオフというスペシャル機能もついていながら、値段は他の中価格帯のドルツとあまり変わりません。
→お得じゃん!

ってことでDE45にしました。

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ ピンク EW-DL43-P
パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ ピンク EW-DL43-P

>>楽天市場で価格を見る<<

>>ヤフーショッピングで価格を見る<<

カラーがなぜかピンクしかないんですけどね。
強制ピンク一択になりますw

ちなみにDL53という機種はステインオフ機能が無い代わりに歯茎のケアモード(GUMCAREモード)と歯ぐきマッサージブラシ(シリコンブラシ)が付属します。

歯槽膿漏の人はDL53の方がおすすめというか、合ってると思います。

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 青 EW-DL53-A
パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 青 EW-DL53-A

オーラルB,ソニッケアーを買う場合

オーラルBとソニッケアーは
「1年で故障した」「2年で故障した」という口コミ評価がいくつかあったためビビって私は候補から外したのですが

Amazonで買うと+1,000円前後くらいのわずかな金額で5年間の保証がつけれることにその後気づきました。

※購入画面の「5年保証」にチェックを入れればOK

オーラルBやソニッケアーが欲しいけど故障が心配・・という方はこの保証をつけて買う事をおすすめします。

Amazonで買えるブラウン オーラルBの一覧

Amazonで買えるフィリップス ソニッケアーの一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする