L150Sムーブのテールパイプ交換

[ダイハツムーブ] ブログ村キーワード

L150Sムーブのマフラーのテールパイプ部分が錆びて穴あいたのでDIYで交換しました。走ってるとマフラーの中で錆びた破片がカラカラいってたんだよねw

L150sはムーヴカスタムじゃない、普通のほうのムーブです。

ダイハツ ムーブ L150s

このタイプ(画像はWikipediaのムーブのページから拝借させて頂きました。)

初めての交換でしたが、初心者な私でもなんとかなった。カーショップなどのお店にたのむと交換工賃含めて2万~3万くらいするはず。でも自分でDIYすれば6000円くらい。DIY最高かよ?

テールパイプ交換は車の性能とか安全性に直結する部分じゃあないのでDIYするにはいい場所です。(せいぜい接続が不十分だと排気ガスがへんなところから漏れる程度w)

L150Sムーブテールパイプ必要な部品はこれ

ムーヴ (ムーブ)
L150S L160S タント L350S L360S NA
テールパイプ 純正タイプ
MDH-9422TP 大栄テクノ

純正互換品です

私が購入したのは上記リンク先のお店です。
ヤフーショッピングストアに出店している「プロツールショップヤブモト」というお店で、商品発送前に「ほんとに手持ちの車に合う部品かどうか?」の適合確認してくれますし、発送も早く、値段もやすかったのでおすすめできます。

ムーブL150 テールパイプ交換手順

まず車をリフトで持ち上げます。
私は近所のレンタルガレージを利用させてもらいました。工具も借りられるので便利です(・∀・)b

レンタルガレージの見つけ方ですが、「レンタルガレージ 千代田区」みたいに「レンタルガレージ+住んでいる市区町村や県名」で検索すると近所にあるレンタルガレージが見つかります。

近所にないならジャッキアップして、万が一にも車が落ちてこないようにウマ(ジャッキアップスタンド)を噛ませて、それから体を下に滑り込ませて作業する、というカタチになるでしょうね。姿勢つらそうなので私はそこまでしたくないです(直球)

L150sムーブ テールパイプ交換

赤い線で囲った部分が交換するテールパイプ。
エンジン切った直後は熱くなってるのでやけどしないように注意。10分くらいは冷ましてから作業するほうがいいです。あと軍手とかあるといいですよ^_^

ダイハツムーブ テールパイプ交換

交換するには

・Aの部分のボルト(2箇所)を外す

・Bの部分、テールパイプからフック状のものがムーヴ本体についてるゴム部品に引っ掛けてあるのでそれをはずす。

だけです(・∀・)b
外すときはA→B。
つけるときはB→Aの順でやりました。

ボルトを外す

ボルトはメッチャ固くなってた。錆びてパイプと融合してるんじゃないかってくらい。ここの硬さはナメない方がいいですw 5-56とかの潤滑油を吹き付けて数分おいて浸透させてから外しました。

KURE(呉工業) 5-56 (320ml) 多用途・多機能防錆・潤滑剤 [ 品番 ] 1004
KURE(呉工業) 5-56 (320ml) 多用途・潤滑剤

レンタルガレージなら潤滑剤も借りれるところもあると思います。

それでも固い場合、レンチを手で回すかわりに、レンチの柄の部分を回転方向にゴムハンマーとかでガツンと叩くといいと思います。

【送料無料】 ゴムハンマー

ゴム製のハンマーを使うのは、叩くレンチの柄の部分を傷つけないためです。より万全を期すなら柄の部分にタオルとかをまいておくとなお良し!

フックを外す

ここも潤滑油をふきつけて滑りを良くしておきます。片方の手でゴムをペンチで引っ張りつつ、もう片方の手でフックを抜くと抜きやすいです。

新品のテールパイプに交換する

テールパイプにはでっかいワッシャーというか、マフラー部分との接続にかませるシール(?)があります。ドーナツ状のやつ。排気漏れしにくくするためのパーツだと思われます。

せっかくの付属品なので、これをマフラーとの接続部分に忘れずに装着してからテールパイプを取り付けるようにします。

交換後

L150sムーブ テールパイプ交換後

交換後。新品の輝きが美しい・・!(すでにキズがついてるのは作業中のミス)
部品にはボルトとワッシャーも付属しているので他に必要な部品はありません。

L150Sムーブ テールパイプ部品交換

全体像。テールパイプに貼ってあった品番シールはキレイに剥がれなかったのでまぁそのままでいいや、としています。

テールパイプの先端、ムーブのおしりからチラッと見えるマフラー出口部分は、キラッと光る鏡面加工されてて気分がいいです。あ~、新しのに交換したなぁ~、って実感がします。車の所有者以外気にしない部分だけど♪笑

あとはリフト下げて、エンジンかけて、またリフト上げて、接続部分から排気漏れが無いか、手を当てて確認すれば万全でしょう。所要時間は初心者のわたしで40分ほどでした。なれた人は10分くらいで交換しそう(`・ω・´)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする